− 預託馬の育成・調教、認定厩舎業務 −
 




当社では調教師様や馬主様よりお預かりした競走馬を、 競馬場(トレセン)入厩に向けて馴致から育成・調教まで行っております。

雄大な北の大自然の中、馬達も伸び伸びとトレーニングしたり、リラックスして休養することができます。


本場にはウッドチップ周回コース(600m)の馬場を始め、角馬場、ロンギ場、ウォーキングマシーン、 放牧地などの調教施設を完備しており、1歳馬の馴致・育成調教を始め、競走馬全般のトレーニング、障害用調教など、どんな顧客のニーズにも応えられる環境を整えております。





馬運車で約5分の所には日本最大規模の調教施設を持つ「JRA軽種馬育成調教センター(BTC)」がありますので、当社所有の馬運車にて毎日BTCへ通い、屋内ダートコースや屋内坂路コース、グラス馬場なども利用した調教を行うことができるのも、当社の大きな利点の一つです。
ホッカイドウ競馬・認定厩舎制度としての業務では、直接レースに携わることで、 今まで行ってきたトレセン入厩に向けた育成調教とレース前調教の違いや、競馬開催前の舞台裏を知る貴重な体験をしました。

また初年度より札幌開催、旭川開催共に優勝を収めることができました。
これも大きな励みとなり、スタッフ一同育成調教への自信がついた出来事です。

認定厩舎制度にて、ホッカイドウ競馬の活性化の一助になればとの思いもあり、 また地方競馬から中央競馬への復活を果たした馬もおりますので、馬の活路を見出すといった意味も含めて道営競馬存続を願っております。